カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
リンデンハイドロラット/Linden blossom/Tilia vulgaris
924円(税84円) 〜 3,795円(税345円)
各オプションの詳細情報
HDL006000
リンデンハイドロラット/Linden blossom/Tilia vulgaris

924円(税84円) 〜 3,795円(税345円)

リンデンハイドロラット

リンデンブロッサム。 ライムトゥリーとも呼ばれています。

英名:Linden blossom BIO
学名:Tilia vulgaris
香りについて:
甘い栗みたいな感じ。
リンデンのオイルは、私はABSしかみたことないのですが、ものの本によると水蒸気蒸留でとるとかいているし、いろんなサイトを調べていると蒸留リンデンを売っているところもあるので、ハイドロがあってもおかしくありません。(でもABSでとるものや、圧搾でとるものでもわざわざハイドロにするものもたくさんあるので、リンデンもその類なのかもしれません)

ポーランドに住んでいたとき7月はリンデンの季節でした。
ポーランド語でリプツァ(7月)といい、夜になるとリンデンの濃厚な甘く切なくなるような香りで菩提樹の木のまわりはむせ返っていました。

リンデンの花からとるはちみつなども、ポーランドでは普通に売っていました。そして、ポーランド産のみつろうが甘くねっとりした香りがするのは、このリンデンのせいなんじゃないかしらと思っています。
ポーランドでハーブティーはスーパーで簡単に手にはいったが、とくにリンデンのお茶はよく見かけたように記憶しています。

精油のリンデンは残念ながら、サプライヤーが「ヒドロキシシトロネラール(→IFRAで皮膚刺激があるといわれている)を成分に含むので販売はやめます」ということで、取り扱いがなくなってしまいました。残念な限り。皮膚につけない使いかたをするなら、これほどすばらしい芳香をもつ香りもないんじゃないかと思うのです。

さて。そのハイドロラット。リンデン。
花の香りとはぜんぜんちがってこちらは栗っぽい感じ。

鎮静効果がたかく、ストレス除去をしてくれる。
神経が緊張しているときに、きわめて有効。
乾燥肌、かゆみを伴う発疹などに有効。
マイルドな抗炎症作用。リネンに使用すると安眠を誘う。

ブレンドレシピ例:
<レシピ>
夏の夜のリネンに…
・リンデンハイドロ 25ML
・ネロリハイドロ 25ML
上記を混ぜてスプレーにいれてリネンにしゅっしゅとスプレー。
安眠を誘います。

乾燥カサカサ肌に(日焼けをして皮膚がむけたとき、冬のお風呂上りなど)
・リンデンハイドロ25ML
・ローズ10ML
・ネロリ15ML
・グリセリン小さじ1
・サンダルウッドEO1滴

グリセリンにサンダルウッドをいれてブレンドしたのち、各ハイドロをブレンドしたものにいれて、よく振って使用。

免責事項

当ストアを利用される前に以下の注意点をお読みいただき、ご了解いただいた上でご利用ください。

アロマテラピーは医療ではありません。精油は薬ではありません。当ストアに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。

*冷暗所でお子様の手の届かないところに保管してください。
*火気厳禁。精油は薄めて使用のこと。